フライトシミュレータ【準備編】 ~プロポのモード~

フライトシミュレータを使ってドローンを飛ばす練習をするにあたって、操縦に使用するプロポ型コントローラーを用意することにした。

と言ってもフライトシミュレータ専用のものを買おうとしたのだが、モードというものがあることを知る。ラジコンカーのプロポ(2ch)などで、ホイラータイプなどの握るタイプでは特にモードなど気にしなかった。

ホイラータイプ



そこでモードについて軽く調べてみることにした。ラジコンカーのプロポ(2ch)は現在では上記のホイラータイプが主流だが、昔はスティックタイプだった。

スティックタイプ


その後このスティックタイプ(2ch)でラジコンの飛行機を無理やり飛ばそうとしたわけです。具体的には前後に動く左スティックと左右に動く右スティックでそれぞれエレベータ、エルロンを担当させ旋回、上昇、下降を行います。

スロットルは固定で燃料が無くなったら着陸らしい。昔の人はすごいなー。。その後プロポのチャンネル数が3,4・・・と増えたものを空いている左スティックの左右と右スティックの前後にいれたものがモード1とよばれます。

(モード1)
左縦:エレベーター、左横:ラダー
右縦:スロットル、右横:エルロン

そして日本、ヨーロッパではこのモード1が多く、アメリカでは次のモード2が多いらしい。その理由だがヘリの実機の操縦に近いということだそうです。(右手が操縦桿になっている)

(モード2)
左縦:スロットル、左横:ラダー
右縦:エレベーター、右横:エルロン

あとモード3、4もありますがここでは割愛させていただきます!と書いてたんだけどせっかくなんで調べてみた。

(モード3)
左縦:エレベーター、左横:エルロン
右縦:スロットル、右横:ラダー

(モード4)
左縦:スロットル、左横:エルロン
右縦:エレベーター、右横:ラダー

ここでモード1とモード2どっちにすべきか悩んだ。これからずっと使うのでどちらか決めなければならない。日本で使うぶんにはモード1のほうが入手性がいいはずだし、ベテランから教えてもらう時はモード1がいいだろう。

それに対してモード2は特にアメリカなどでの海外では主流なのでグローバルな見地からはこっちのほうがいいのかもしれない。

さぁどっちを使う!?

・・・

・・



悩みに悩んで独断と偏見でモード2を使うことにしました。
自分にあわなかったらモード1にしたらいいし(ぼそっ)

ここまででモードについても分かり、使用するモードも決まったのでプロポ型コントーラーを購入することにした。ネットを見ると比較的よく使われているプロポ型コントローラーがあったので試しに購入。

実際の使用感などは次回!

DSC_0123.jpg


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック