プロポ選択 ~どれで操縦するか~

飛ばすドローンは自作することに決めたので、パーツを順次選択していくことにする。まずは操縦に必要なプロポをどうするかだ。

ちなみにプロポと言うが、語源を調べてみたところ「プロポーショナル=比例する」からきている。何が比例するのかというとプロポの操作に比例してサーボやESCを動作させることらしい。初めて知った!

プロポの選定にあたっては、メーカとチャンネル数をどうするかだ。メーカに関しては日本の場合以下の4社がある。

双葉電子工業(FUTABA)
三和電子機器(SANWA)
近藤科学 - (KO PROPO)
日本遠隔制御 (JR)

又、チャンネルはピッチ、ロール、ヨー、スロットルの4chに飛行モードの切り替え1chの計5ch以上が最低必要になってくる。

結局ネットなどをみてメーカは双葉にすることにした。候補は下記の2種類である。10Jは10Ch、対する14SGは14Chである。







どちらもテレメトリー機能(機体のバッテリー電圧や、GPS情報などをプロポに送信できる)がありチャンネルも多いので、あとは財布との相談である。

結局、初心者ということと金額的なところで10Jにしたのだが、最後まで迷っていたのは実は金額ではなくアンテナの形状である。10Jは持ち手のところに内蔵されており14SGは外部にアンテナとしてでている点である。

どちらかというと14SGのほう好きなのだが、初心者にはオーバスペックかなと思い10Jにした。実際に使ってみても特に不満は無かった。ちなみに飛行機用とヘリ用があって、ヘリ用を購入した。

DSC_0133.jpg

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/432605278
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック