3号機制作 ~仮組み~

150クラスの時と同じくまずは全体の構想を考えるために仮組みしてみた。150クラスと比べると一回り小さい。たまたまあった初代iPod touchと比べてみた。

DSC_0142.jpg

全体的に気付いたことは以下のとおり。

ESC


モータは小ぶりな1104タイプを選択してる。150クラスで使わなかった10AのESCを再利用した。

レシーバ


FC(フライトコントローラ)の収まりは問題ないが、機体中央に設置するのでレシーバー(受信機)の配置が150クラスの時より悩ましい。これまたレシーバーをバラして搭載しようか。

重量


量りにのせて計測してみたが、150クラスの時とちがって十分余裕があった。これなら問題ない。

まとめとしては想像していた通り重量も200gを余裕で切れるので方向性としては間違っていないことを確信。あとは150クラスと違ってサイズが小さいので各パーツの配置を考えれば飛ばせそう。

DSC_0143.jpg















この記事へのコメント


この記事へのトラックバック