フライトシミュレータ ~FPVfreerider~

Heli-xでもFPVによる操縦が可能なのだが、巷で話題のFPVfreeriderを試してみた。有償ソフトということだが約5ドルというリーズナブルな価格なのが魅力だ。尚、購入にあたってはPaypalを利用した。

購入


下記リンク先の画面下で「Buy now」をクリックして表示される画面の「Check out with Paypal」を押してPayPalで支払いを行う。

FPV Freerider

購入後に送付されるメールにダウンロードページのアドレスがあるので一番上のWindow版をダウンロード。

インストール


ダウンロードしたzipファイルを適当な場所に解凍。

準備


前回購入したプロポ型コントローラーをUSBに繋げておく。

起動


FPVFreerider.exeを実行すると下記画面になる。

FPVFreeRider.jpg

設定


プロポ型コントローラの設定を行うので、起動した画面右側の「Calibrate Controller」をクリック。

キャャリブレーションを始める前にプロポの「5ch Gyro」は右、MixはOFF、Gear/Pitは時計まわりいっぱいなことを確認。MixをONにしたままキャリブレーションするとちゃんと飛ばせないので注意。

モード2なので、まずはヨーの設定から。左スティックを左に倒したまま「OK」をクリック。

fpvfreerider01.jpg

スロットルの設定なので左スティックを上を倒したまま「OK」をクリック。

fpvfreerider02.jpg

ロールの設定なので右スティックを左に倒したまま「OK」をクリック。
fpvfreerider03.jpg

ピッチの設定なので右スティックを上に倒したまま「OK」をクリック。
fpvfreerider04.jpg

設定がうまくいけば上記4つそれぞれの名前が表示される。
fpvfreerider05.jpg

その他設定


FPVFreeRider.jpg

起動した画面右側の設定。

スロットルのニュートラル状態
「Throttle zero at bottom」スティックが下側。
「Throttle zero at center」スティックが真ん中。Phantomのスロットルのかんじ。

飛行禁止区域への侵入
「dead zone is off」飛行禁止区域への進入がOK
「dead zone is on」飛行禁止区域への進入がNG

カスタマイズ
「Custom Setting」

fpvfreerider06.jpg

最初はデフォルトの設定でOKだが、操縦に慣れたら画面左下の「Snappy」のほうが飛ばしやすい。(難しいと思うかもしれないけど)

起動した画面右側の設定
「Graphics Quality」画像設定
「Audio Volume」音量調整

プレイ画面


fpvfreerider07.jpg

画面左側
「Self~Levelling is on 」6軸飛行モード。最初はこちらで練習。
「Acro mode is on」アクロモード。宙返りするならこっち。
※この切替はプロポ型コントローラのチャンネルには割り付けできない。

「high rate are on」高レート。慣れたらこちらで練習するべし。
「hig」rate are off」低レート。最初はこちらで練習。

「Camera」クリックすることでFPVとnon FPVに切替。トリムの調整以外は最初からFPVがおすすめ。

「Reset」リセット

画面右側
「Exit」終了
「Pause」中断

「Timed race」下記周回回数をセットしたのちクリックするとタイムアタック開始。
「1 lap」周回する回数をセット。1,3,5周を選択可能。

プレイ



5ステージあるが、最初のうちは「Desert」から始めて、「Meadow」、「Island」、「Carpark」、「Playground」の順がおすすめ。

ちなみに飛ばすときはスロットルで機体を飛ばした時にトリムで左右にふれないように調整してから飛ばすのがいい。トリムをとらずに飛ばすと機体が流れる。

今となっては普通に飛ばせるが、はじめての時「Desert」で最初のゲートに機体を入れることがなかなかできなかった。

「こんなの無理ゲー!」



なんて思ってたが練習しているうちにゲートに入れることができた。まさに継続は力なり。。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/432931310
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック