ESCのプログラミング ~KKmulticopter Flash ToolによるSimonKファーム書き換え編~

BLHeliSuiteでやりたいことはひととおりできたのだが、ESCのプログラミングを調べている時にKKmulticopter Flash ToolでSimonKのファーム書き換えができることを知ったので自分用にメモ。尚、書き換えを行うのはDYS SN20Aを使用。

準備その1


KKmulticopter Flash Toolをダウンロードしてインストールする必要がある。下記サイトからダウンロードして適当なフォルダに解凍。

KKmulticopter Flash Tool

JAVAが必要なのでこれもダウンロードしてインストール。

JAVA

準備その2


Arduino UNOを書き換えてやる必要があるので、その準備。解凍したフォルダのkkflashtool_win##.exeをクリック
kkmulticopterflashtool02.jpg

メニューバーの[Tools]-[Upload Arduino USB Linker]-[Arduino Uno]をクリック。
kkmulticopterflashtool03.jpg

ここでArduino UNOをPCにUSBで接続。しばらく待ってからOKをクリック。
kkmulticopterflashtool04.jpg

COM#で接続しましたとのメッセージがでるのでOKをクリック。
kkmulticopterflashtool05.jpg

Arduino UNOの書き換えが終わり、画面下部のログに成功とでたら終了。
kkmulticopterflashtool06.jpg

書き込み


実際に書き込みを行う。書き込みに使用するのはDYS SN20A。
kkmulticopterflashtool10.jpg

前もってBLHelisuiteを使ってBLheliに書き換えておいた。
kkmulticopterflashtool01.jpg

Arduino、ESCは下記のように接続。注意点としては下記のとおり。
・Arduinoのポートは「2」、「GND」に接続する。
・ESCとモータの配線は外しておくこと。
・ESCに電源を接続する必要がある。
kkmulticopterflashtool11.jpg

配線するとこんなかんじ。
kkmulticopterflashtool12.jpg

設定項目は下記のとおり。DYS SN20Aでどのファームを使えばいいかは ここ で確認。

Choose your programmer
programmer : ArduinoUSBLinker(arduinousblinker)
port : COM#
vaud rate : 19200

Choose your controller
controller : atmega 8-based brushelss ESC(8kB flash) ※DYS SN20Aの場合

Flashing
DYS N-FET ※DYS SN20Aの場合
DYS-N-FET V2015-04-19 by Simon Kirby ※DYS SN20Aの場合

kkmulticopterflashtool07.jpg

設定ができたらFlashingの3つボタンがあるところで、一番右側の緑色をした丸いアイコンのボタン(マウスカーソルをのせると「Flash the selected firmware from the internet」と表示)をクリックすると書き込みがはじまる。成功したら下記画面。
kkmulticopterflashtool08.jpg

BLhelisuiteで確認のために読み込んでみたら、SimonKかそれ以外のファームが書き込まれているのでBLHeliを書き込みますかと表示される。
kkmulticopterflashtool09.jpg


この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/433225266
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック