Naze32へのCleanflightインストール編

Naze32の動作確認をBaseflightで行ったので、いよいよCleanflightをインストールしてみようと思う。自分用にインストール方法をメモ。

Cleanflight Configuratorのインストール


Chromeのアプリなので下記からインストール

CleanflightConfigurator

Cleanflight Configuratorで確認と準備


前回、シリアルポートドライバのインストールは終わっているので、Cleanflightを立ち上げる。画面右上のAuto-connectをONにする。
cleanflight01.jpg

試しにNaze32をUSBでPCに繋げてみた。CLIモードに画面が切り替わりサポートしてない云々と言われた。
cleanflight02.jpg

これ以上の操作は何もできないので画面右上のDisconnectをクリック
cleanflight03.jpg

画面左側のタブでFirmware Flasherをクリック
cleanflight04.jpg

Choose a firmware/board からNazeの新しい日付のものを選択
cleanflight05.jpg

「No reboot sequence」と「Full chip erase」をON
cleanflight06.jpg

画面下部の「Load firmware online」をクリックするとファームウェアがPCにダウンロードされる。
cleanflight07.jpg

画面をスクロールさせると「Loaded online firmware」と表示されているのでこれで準備OK
cleanflight08.jpg

Naze32へCleanflight書き込み


Naze32をにファームを書き込むにはブートローダモードにする必要がある。いくつか方法があるらしいが一番簡単なbootピンをショートさせる方法にした。

Naze32のbootピンをピンセットでショート。
Naze32
naze322016043002.JPG

Flip32
DSC_0249.jpg

ショートさせた状態でNazeとPCをUSBで接続。ブートローダモードに入れば青いLEDが点灯する。
書き込んでいる間は画面下部(スクロールさせないと見えない)に状況が表示される。
cleanflight09.jpg

画面を下にスクロールさせると、Programming SUCCESSFULと表示されているのでこれでOK。Naze32とPCの接続を切る。
cleanflight10.jpg

Choose a firmware/board タブの「No reboot sequence」と「Full chip erase」をOFFに戻しておく。
cleanflight11.jpg

念のためCleanflightを終了させて再度立ち上げる。
cleanflight12.jpg

NazeとPCをUSBで接続。画面が切り替わる。
cleanflight13.jpg

Naze32を傾けると画面も追従する。
cleanflight14.jpg

画面左側のCLIタブをクリック。
cleanflight15.jpg

画面下側のテキストボックスに「version」と入力してEnter
cleanflight16.jpg

画面にCleanflightの表示を確認。これでインストールは完了。
cleanflight17.jpg



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック