フライトシミュレータ ~Real Drone Simulator~

Real Drone Simulatorをプレイしてみたので設定方法等含めて自分用にメモ。ちなみにPre-Alpha版なので過度な期待は禁物だが今後に期待を持てそうだ。

ライセンス


無償ソフト。

ダウンロード&インストール


下記サイトのDownloadsページからダウンロードして適当な場所に展開しておく。
※以下Windows版での手順。

http://www.realdronesimulator.com/

準備


プロポ型コントローラで接続
フライトシミュレータ【準備編】 ~プロポのモード~
フライトシミュレータ ~コントローラのモード変更~

プロポをシミュレータケーブルで接続
フライトシミュレータ【準備編】 ~シミュレータケーブル~


設定


RDS_Pre-Alpha.exeをクリックと下記のような画面になる。GraphicタブのScreen resolutionで自分のPCのモニタの解像度にする。Graphic Qualityはゲーム画面内で設定できるのでここではしない。
RDS01.jpg

次にInputタブでプロポの設定を行う。
RDS03.jpg

まずはYaw(+)のjoystick 0 axis 0の上でマウスをダブルクリックする。Input configurationが表示されるのでプロポのYawを倒す。
RDS04.jpg

そうするとjoystick 1 axis 5と変化したことがわかる。
RDS05.jpg

同様にYaw(-)も設定する。
RDS06.jpg

同様にThrottle(+)/(-)も設定する。
RDS07.jpg

Pitchを1つだけ設定する
RDS08.jpg

同様にRoll(+)/(-)を設定する。これで設定は終わりなのでPlay!をクリックする。
RDS09.jpg

Play GameでEnterkキーを押す。(カーソルキーで上下移動可能)
RDS10.jpg

Single PlayerでEnterキーを押す。(カーソルキーで上下移動可能)
RDS11.jpg

Enterキーを押す。
RDS12.jpg

Virtual RealityでEnterキーを押す。(カーソルキーで左右移動可能)
RDS13.jpg

Enterキーを押す。
RDS14.jpg

プレイ画面になるのでピッチとスロットルが反対になっていないかだけ確認して、プロポのキャリブレーションや他の設定を行うのでESCキーを押す。
RDS15.jpg

Pause Menuが表示される。
RDS16.jpg

まずはGraphics Settingsからoverall qualityを設定する。ここではGoodを選択。設定が終わったらsave as defaultをクリックして保存しbact to previous menuをクリックして戻る。
RDS17.jpg

次にControll settingsをクリック。Select controll typeはRC & Simulator Controllerを選択。ピッチやスロットルが反対に場合にはInvertのラジオボタンをクリックする。(文字の上でクリックするとしやすい)

Expo(感度設定)はここで設定できるが、後回しにしてInput Caribrationをクリック。
RDS18.jpg

ここではプロポのスティックの最少・ニュートラル(中立)・最大を設定する。
RDS19.jpg

プロポの左右のスティックをニュートラル(中立)にして、Middle列のThrottle,Yaw,Pitch,Rollの各ボタンをクリックしてSetからClearにする。
RDS20.jpg

プロポのスロットルを上に倒したままMaximumのボタンをクリックしてSetからClearにする。
RDS21.jpg

プロポのスロットルを下に倒したままMinimumのボタンをクリックしてSetからClearにする。
RDS22.jpg

同様にYaw,Pitch,RollのMaximum、Minimum各ボタンをSetからClearにする。save as defaultをクリックして保存しbact to previous menuをクリックして戻る。
RDS23.jpg

Drone settingsでカメラの角度を調整できるのでお好みで設定。save as defaultをクリックして保存しbact to previous menuをクリックして戻る。
RDS24.jpg

Resume gameでプレイ画面に戻る。ここでスロットルとピッチの反転等を設定していた場合すぐには反映されていないので、終了して再度立ち上げると反映される。
RDS16.jpg

機体


全部で5種類ある。

Emax Nighthawk 250
RDS25.jpg

JJRC H8C
RDS26.jpg

JJRC H8D
RDS27.jpg

Emax Nighthawk 200
RDS28.jpg

JJRC H5C
RDS29.jpg

操作


プロポでの操作以外にデフォルトで下記のキーボード設定がある。
C:カメラ切替
スペースキー:機体切替
Q:低レート
E:高レート
1:Attitude mode
2:Rattitude mode ※Emax Nighthawk200/250のみ
3:Rate mode ※Emax Nighthawk200/250のみ
ESC:Pause Menu
R:リセット

キーボード設定のリセット


キーボードの設定がめちゃくちゃになった人はレジストリエディタで下記キーを消せばキー設定をデフォルトに戻すことができます。自己責任でお願いします。
HKEY_CURRENT_USER\Software\luxoid

プレイ


プロポ形コントローラではスロットルの感度は調整できてもスロットルカーブは調整できないので、シミュレータケーブルを接続してプロポ側で調整すれば飛ばしやすくなるかもしれない。

下手くそながらも動画をアップしてみました。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/433931472
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック