ドローン用ブラシレスモータの数字の意味?

マルチコプターをこれまで3種類制作してきて常々気になっていたことがある。何が気になるかというとモータの型番のように見える数字だ。

今回はこの数字について調べてみた。例えば下記のような数字の記載があるが、気になるのは最初の4桁の数字だ。後ろの数字は単位にKVがついているのでKV値と分かる。

1104 4000KV

DSC_0319.jpg

これまでに制作した3種類のモータについて最初の数字を列挙すると下記になる。
1号機 1806
2号機 1306
3号機 1104

メーカによってこの数字が異なるなら型番だが、メーカが異なっても同じ数字で同じような形状なので法則性があるのではないかと思っていた。

手元にあるドローン検定の3級テキストには残念ながら無かった。まぁ実践に関することなのでしょうがない。

昨年購入したドローン制作本に一部説明(P.102)があったがクラスという表現になっている。

同じく昨年購入したトラ技にはズバリそのものがあった。(P.71)4桁の数字の最初の2桁はブラシレスモータのステータ(機体に固定する側)鉄心の直径らしい。

決してモータの外形の直径ではない。モータの中の鉄心の直径だ。確かにノギスで測ってみると外形の直径ではない。

又、後ろの2桁についての説明もあった。記事によるとステータ鉄心の高さらしい。

決してモータからでているシャフトの長さでもない。モータの中の鉄心の高さだ。これまたノギスで測ってみるとシャフトの長さではなかった。

まとめると4桁の数字は下記のようになる。
例)
1104
最初の「11」・・・モータの中の鉄心の直径(mm) ※下記写真左側の緑色の鉄心の直径
後ろの「04」・・・モータの中の鉄心の高さ(mm) ※下記写真左側の緑色の鉄心の高さ

なんだかスッキリ!
DSC_0330.jpg

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック