第二級海上特殊無線技士受験

試験会場はアマチュア無線4級を受験した時と同じ、関西テレビ電気専門学校(西沢学園)だ。

京阪の北浜駅から地下鉄堺筋線で乗り換えて2駅目の扇町で降りる。これまた慣れた道を通って会場入り。



会場について階段を上り教室に入る。昨日の第一級海上特殊無線と違って受験生は学生が多い。

試験は「無線工学」と「法規」に分かれそれぞれ12問づつの合計24問。合格の条件は両科目とも8問以上正解する必要がある。

試験に関しての説明があった後、試験開始。無線工学、法規ともに問題集にあった問題から出されていたので余裕をもって見直しができた。

手ごたえは十分にあったので、途中退室が可能な時間になったら途中退室した。多くの学生は続いて行われる第二級陸上特殊無線のために教室を移動していた。

とりあえず会場を後にし午後の航空特殊無線に備えることにした。
DSC_0327.jpg

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/434312845
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック