フライトシミュレータ ~DRL FPV Simulator~

Drone Racing Leagueの動画を見てて公式サイトを眺めていたらフライトシミュレータがあったので早速ダウンロードしてみた。

ライセンス


無償ソフト。

ダウンロード


Drone Racing League (DRL) の公式サイトにダウンロードリンクがあります。
http://thedroneracingleague.com/fpv-simulator/

上記ページから「Windows Download」をクリックしてDRL_vars0.0.3.6win64.zipをダウンロードします。

インストール


ダウンロードしたDRL_vars0.0.3.6win64.zipを適当な場所に解凍するだけです。

コントローラ


下記サポートしています。
ゲームパッド: XBOX360, PS3
送信機(プロポ):Taranis X9D

プレイ


解凍したフォルダのDRL.exeをクリックして起動。SETTINGSをクリック
DRL01.jpg

Acroモードの切替はこの画面でしか設定できない。
DRL02.jpg

お好みの設定で。
DRL03.jpg

SINGLE-PLAYERをクリック
DRL01.jpg

好きなコースをセレクト。前回レースが行われたLevel2 Miamiを選択。ちなみにLevel1のFactoryはプレシーズンマッチの発電所跡地だ。
DRL04.jpg

Free Fly ModeかRace Modeを選択できる。ここではRace Modeをクリック
DRL05.jpg

カウントダウン開始!実際のコースってのがいい!
DRL06.jpg

このコースは夜レースが行われているのを見たが昼間はこんな感じなんだ・・
DRL07.jpg

リーダーボード


ダウンロードしたページにリーダーボードはあります。
http://thedroneracingleague.com/fpv-simulator/

感想


マップの出来は非常にいいです。実際レースを実施した場所を忠実に再現しているので動画でみたコースをプレイできるのは魅力です。

ほかのコントローラは試してないので分かりませんが、XBOXのコントローラでのプレイはちょっと難ありでした。

実際のレースが行われるたびにそのマップが増えていくので、今後に期待です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/435005598
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック