FPV用ゴーグルをPCに接続してシミュレータで使うの巻

最近マルチコプターを始めて目視飛行はそろそろ卒業の知人から電話があった。ちなみにFPVの練習にシミュレータを勧めていた。

知人 「なぁシミュレータと実際に飛ばした時全然違わへん?」

souzn「そりゃそうだよ。シミュレータで練習して実際に飛ばしてを繰り返してそのギャップを埋めていくんだよ」

知人 「ちっ!ちょっと自分のほうが最初に飛ばし始めたからっていい気になりやがって!」

souzn「・・・」

知人 「まだFPVゴーグルに慣れへんねんな~。シミュレータと違ってFPVゴーグルは実機でしか使えへんからなぁ」

souzn「え?シミュレータでも使えるよ?」

知人 「は?そんな大事なことはよ言えや!」

souzn「え?いやモノには順序ってもんがあって・・・」

知人 「自分だけいい目にあおうなんて性質悪いなぁ!はよ教えろや!今から家行くで!」

souzn「・・・」

ということで家にこられるのはめんどくさいので、FAT SHARK V2のFPVゴーグルをPCに接続してシミュレータで使う方法をご紹介します。

必要なもの


FAT SHARK V2のINPUT端子にMINI HDMIがある。下の写真の一番右側だ。試しに何も考えずにHDMIケーブルでそのままPCに接続してみたが映ったり映らなかったりする。←ちょっとは考えろよ!

DSC_0429.jpg

ちなみにFAT SHARK V2のINPUT端子にはもう一つあってAV入力ができる。下の写真の一番右側3.5mmの穴がそうだ。

DSC_0430.jpg

そこでダウンスキャンコンバータを使ってPCの映像信号を変換してAV入力することにした。ちなみに用意したのがこれ。

DSC_0421.jpg

DSC_0422.jpg



接続


まずダウンスキャンコンバータ本体右側に電源ケーブルを接続。そしてPCからVGA出力を左側に接続。
DSC_0424.jpg

次にダウンスキャンコンバータ手前にPCモニタへの接続を行う。(以降写真がごちゃごちゃするので外してます)
DSC_0425.jpg

FAT SHARK V2とのAV接続ケーブル(+電源ケーブル)の映像端子を接続(音はPCから直接スピーカで鳴らすのでここではFAT SHARKには接続しない)
DSC_0426.jpg

FAT SHARK V2のAV入力端子と接続する。
DSC_0427.jpg

最後にFAT SHARK V2への電源供給のために、さきほど接続したAV接続ケーブル(+電源ケーブル)へバッテリーを接続して完成。
DSC_0428.jpg

動作確認


PCを起動してダウンスキャンコンバータに接続したPCモニタが表示され、FAT SHARK V2にも映像が表示されるのを確認する。

映像が映らなければケーブルの接続およびダウンスキャンコンバータの解像度設定を確認する。

プレイ


あとはシミュレータを起動してFPVゴーグルの映像でプレイ!

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック