Raceflightファームウェア

前回、Naze32(flip32)へBetaflightのインストール方法を調べたが、Raceflightなるものがあるというので調べてみた。

RCgroupsのスレは以下
http://www.rcgroups.com/forums/showthread.php?t=2533601

Raceflight


Raceflight及びMultiShotはRCGroupsのユーザーによって紹介されたもので、主にF4を使ったFCをターゲットとしている。Raceflight自体はBetaflightを元に派生したものとなる。

Baseflight < Cleanflight < Betaflight < Raceflight

F4


このF4以外にF1、F3とあるがこれば、フライトコントローラ(FC)に使われているSTM32プロセッサのシリーズを指す。数字があがるほど、高性能になり高速動作が可能だ。

F1 < F3 < F4

F1・・・CC3D ATOMやNAZE32(Flip32)
F1.jpg

F1_naze.jpg

F3・・・SP Racing F3
F3.jpg

F4・・・CC3D Mini Revolution
F4.jpg

MultiShot


いきなりMultiShotなんてでてきたんでOneshotとなにが違うのが調べてみた。

もともとOneShot125(125-250us)は、標準的なPWMよりも約8倍高速だが、 MultiShot(5-25us)はOneshot125(125-250us)よりも約10倍高速とのこと。

つまり現時点で一番速いのがMultiShotということになるらしい。ただし、すべてのESCで扱えるというわけではない。

ESCにAtmelのF330を搭載したものでテストしたところ、適切に動作させることができず破損することもあったらしいが、F390や新世代のESCは、MultiShotに最適であることが判明しているとのこと。

動作するFC


F4をターゲットとしているが、F1やF3でも動作するとのこと。

•Afro Mini F1
•AlienFlightF4
•AlienWii F1/F3
•BlueJayF4
•CC3D F1
•Colibri – TBS Powercube F3
•Naze32 F1
•Motolab Tornado F3
•Revo F4
•Revo Nano F4
•RMRC Dodo F3
•Sparky2 F4
•SPRacing F3
•VRCore F4 (this is as of RC7, other targets available in previous releases)

インストール


手元にあったF4のCC3D mini revolutionと、MultiShot対応のXM10Aに実際に書き込んだ記事は別にしました。

CC3D Mini Revolution へのRaceflightインストール編

XM10AへのMultishot for BLHeliの書き込み編

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/436074318
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック