XM10AへのMultishot for BLHeliの書き込み編

CC3D Mini RevolutionへのRaceflightインストールもできたので、最後にESCへのMultishot for BLHeliの書き込みを自分用にメモ。

準備


・ESC
Multishot for BLHeliが書き込める対応ESCとして手元にあったおなじみのXM10Aを用意した。

・BLHeliSuite
下記サイトからBLHeliSuiteをダウンロード
https://blhelisuite.wordpress.com/

・Multishot for BLHeliファームウェア
下記サイトから「XROTOR_10A_MULTI_REV14_4.HEX」をダウンロード
※MS_14.4.02_IMの中(2016/4/3時点)
https://www.dropbox.com/sh/e2ixmcim29grk42/AAALTM4hNB0lIq7ktDD5J_E1a?dl=0

・書き込みに必要な一式
Arduinoをで書き込む場合には下記を参考
ESCのプログラミング ~Arduino準備編~

ESCのプログラミング ~Eachine XM10A読出し編~

ESCのプログラミング ~BLHeliファームVer書き換え編~

DYS USB Linker V2で書き込む場合には下記を参考
DYS USB Linker V2によるESC書き換え ~BLHeliSuite~

書き込み


BLHeliSuiteを起動。
multishotforblheli01.jpg

画面下部のPortを正しいポート番号に設定してConnectをクリック
multishotforblheli02.jpg

ESCへ電源投入
multishotforblheli03.jpg

このままでは読み込みされていないので画面下部左のRead setupをクリック
multishotforblheli04.jpg

データの読出し完了。
multishotforblheli05.jpg

このESCのBlheliのverは14.0らしい。
multishotforblheli06.jpg

画面下部のFlush otherをクリックし、先ほどダウンロードした「XROTOR_10A_MULTI_REV14_4.HEX」を選択
multishotforblheli07.jpg

書き込みますかと尋ねられるのでYESをクリック
multishotforblheli08.jpg

書き込みがはじまる
multishotforblheli09.jpg

書き込み完了。OKをクリック
multishotforblheli10.jpg

見た目は特に変化なし。
multishotforblheli11.jpg

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック