CC3D Atom miniへのCleanflightインストール編

去年製作した1号機に搭載したのはCC3D + Openpilotだったので、今年制作した2号機にもその流れでCC3D Atom mini + Openpilotを積んだ。

しかし、ここにきて新しいモノを試してみたくなったので3号機にはNaze32 (flip32) + Cleanflightを積んだら、思いのほかCleanflightが良かったので2号機のCC3D Atom mini にCleanflightを入れてみることにした。

以下インストール方法を自分用にメモ。

準備


・Open Pilot GCS v15.02.02 
下記サイトから「OpenPilot-RELEASE-15.02.02-win32.exe」をダウンロード
※「このサイトの閲覧を続行する (推奨されません)。」をクリック
https://www.openpilot.org/download/

・STM32 VCP driver
下記サイトから「stsw-stm32102.zip」をダウンロード
http://www.st.com/web/en/catalog/tools/PF257938
日本サイト
http://www.st-japan.co.jp/web/jp/catalog/tools/PF257938

・Cleanflight firmware
Ver1.11からOpenpilot bootloaderはサポートしなくなったので「.bin」ファイルが無いのでここではVer1.10をダウンロードする。

Ver1.10から cleanflight_CC3D.bin をダウンロード
https://github.com/cleanflight/cleanflight/releases

Open Pilot GCSのインストール


CC3D Mini Revolution へのRaceflightインストール編のOpen Pilot GCSのインストールを参照。

Open Pilot GCSからCleanflightファームウェアをインストール


Open Pilot GCSを起動
cc3dcf01.jpg

画面下部の「Firmware」タブをクリック
cc3dcf02.jpg

画面上部の「Rescue」をクリック
cc3dcf03.jpg

ここでCC3D Atom miniをUSBでPCへ接続する。
cc3dcf09.jpg

画面中央の「Open」をクリック
cc3dcf04.jpg

ダウンロードしたCleanflightのファームウェア「cleanflight_CC3D.bin」を選択
cc3dcf05.jpg

「I know what I'm doing!」にチェックを入れ「Flash」をクリック
cc3dcf06.jpg

書き込みが始まる。
cc3dcf07.jpg

書き込み完了。
cc3dcf08.jpg

STM32 VCP driverのインストール


このままではCleanflightのインストールされたCC3DがPCに認識されないのでこのドライバーをインストールする必要がある。

CC3D Mini Revolution へのRaceflightインストール編のSTM32 VCP driverのインストールを参照。

Cleanflight Configuratorでの確認


Cleanflight Configuratorを起動
cc3dcf10.jpg

ここでCC3D Atom miniをUSBでPCへ接続する。
cc3dcf09.jpg

Connectをクリック。接続成功!
cc3dcf11.jpg

コンソール画面でお決まりの「Version」を実行。Cleanflightと表示
cc3dcf12.jpg



この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/436345262
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック