フライトシミュレータ ~Real Flight 7.5~

RealFlight Simulatorのインストールについてメモ。

マニュアルがあるんだからインストール方法の需要なんかあるのかとお思いだろうが、分厚いマニュアルを読みたくない人がきっと?いるはず・・・

リアルフライトシミュレータ
http://www.realflight.com/

インストール


1.Installをクリック
realflight2016060100.jpg

2.インストール中画面
realflight2016060101.jpg

3.インストール中画面
realflight2016060102.jpg

4.インストールが完了した旨表示されるのでOKをクリック
realflight2016060103.jpg

5.DirectXのインストール画面。OKをクリック
realflight2016060104.jpg

6.同意しますにチェックをつけ次へをクリック
realflight2016060105.jpg

7.次へをクリック
realflight2016060106.jpg

8.インストールが完了したので、完了をクリック
realflight2016060107.jpg

9.コントローラを接続しろとでるので、プロポを付属のケーブルで接続しOKをクリック
realflight2016060108.jpg

10.製品のシリアルナンバーと付属ケーブルのシリアルナンバーを入力しOKをクリック
realflight2016060109.jpg

11.インターネット接続されていればオンラインでアクティベートが完了するのでOKをクリック
realflight2016060110.jpg

12.ランチャー画面が表示される。
realflight2016060117.jpg

13.インストール後最初の起動時1回だけエラー画面がでるのでOKをクリック
realflight2016060112.jpg

14.無事起動しました。
realflight2016060113.jpg

設定


ほぼ初期状態でいけるが、設定を変えたい場合にはコントローラの設定で変更できる。
メニューバーの[Simulation]-[Select Controller]をクリック。

Radio Transmitter(Active)からEditをクリック

realflight2016060115.jpg

プレイ


一番最初に飛ばしたのは、やはりマルチコプター。しかもオクトコプターによる空撮機である。空撮映像を別画面(左下の画面)に表示でき、カメラの方向もプロポから操作できる。

やばいっ!空撮専用の実機が欲しくなってきた!(どうでもいいがスキッドしまうの忘れてた・・)



お次はHeli-xで練習してきたヘリを飛ばしてみた。

Heli-xでは今までやり方が分からなかった(というかGoogleで特に調べなかった)のだが、たまたま宙返りをしようとしたら逆さ飛行ができた。



ということでHeli-xで同じようにできるか試してみた。


できるじゃん!Real Flightすごすぎっ!

・・・なんかまるで幸運を呼ぶペンダント&ブレスレットを買って、宝くじが当たった・恋人ができた・パチンコで大当たりしたみたいな言い方だな(ぼそっ)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/438811281
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック