【アクセサリ】Drone Landing Pads

ドローンレース動画を見てると、屋外でドローンを飛ばす際に機体の下にシートのようなものを敷いているのをよくみかける。

landing2016061302.jpg

これは離着陸時にゴミやほこりを巻き上げるのを防止したり、他の操縦者に離着陸ゾーンを示したり雪や草、泥などからドローンを守るためのものだ。

このシートには様々なイラストが描かれており見ているだけでも飽きない。筆者もこのシートが欲しいと思ったので少し調べてみることにした。

まず、このシートの呼び方から調査だ。名前が分からなければ購入することができない。Google先生で呼び方を調べたところ、Landing Padと呼ばれることが分かった。

ebayで安いものがあったので購入してみた。Free international shipping ということで日本円にして約1300円だ。

landing2016061301.jpg

WEBの説明では500×500mmとのことだが、実際には480×480mmくらい。250レーサで使うには少し小ぶりすぎるかもしれないがU199で使うにはちょうどいいかもしれない。

あと到着してから気付いたのだが、上の写真のシート下側(PILOTの下側)に氏名が入る。購入した直後に名前を教えてくれとメールがきたので?と思いながら氏名を書いて送ったがこのことだったのか←気づくの遅すぎ!

材質はPVC(ポリ塩化ビニル)でこれなら簡単に石が貫通することはないと思われる。印刷はけっこうはっきりしておりかすれ等はなかった。

シートの各コーナ(4ヶ所)には金属のアイレット(ハトメの大きなものをいう)があり、テント用ペグを使って地面などに固定することができるようになっている。ちなみにテント用ペグは付属してない。

landing2016061303.jpg

ebay以外にこのlanding padを扱っているところを探したのだが、筆者の探し方が悪かったのかなかなか見つからない。そんな中でみつけたのが下記サイトだ。ちなみに本ブログはUAV.Graphicsとは何の関係もない(当たり前か・・)

UAV.Graphics
http://www.uav.graphics/

UAV.GraphicsはヘリコプターやマルチコプターのためのLanding padを生産している。サイズは1.2×1.5m、0.8×1.0m、0.8×0.8mの3種類。

FatSharkやLumenierなどのブランドロゴを使用できる権利ももっており、オーダーメイドで自分の好きなイラストを印刷することもできるらしい。

ちなみにLanding pad以外にもゲートやのぼり(旗)、その他アクセサリ(Tシャツ、マグカップ)なども販売している。気になる支払い方法もpaypalなので安心だ。機会があれば購入しようと思う。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/438944752
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック