フライトシミュレータ ~Aerofly RC7~

前回購入したSteamのシミュレータ「Aerofly RC7」、自分の設定用にメモ。

Aerofly RC7
http://www.aeroflyrc.com/

準備


プロポをシミュレータケーブルで接続しておく。

起動


Aerofly RC7を選択して「プレイ」をクリック
2016072301.jpg

なぜかStandardが起動してきてびっくりした!
2016072302.jpg

終了して先ほどのランチャー画面に戻り画面中央の「Aerofly RC7 Ultimate Edition」を選択
2016072305.jpg

今度はちゃんとUltimatedが起動した。
2016072306.jpg

プロポ設定


メニュー画面から[Controller]-[Re-configure]をクリック
2016072307.jpg

左のプロポの絵をクリック
2016072308.jpg

表示がサチュレーションをおこしているのでスティック及びSWを全部動かす
2016072309.jpg

認識されるとサチュレーションはなくなる。
2016072310.jpg

スティック及びSWをセンター位置にする。
2016072311.jpg

画面の表示にあわせてプロポのスロットルを倒す。
2016072312.jpg

画面の表示にあわせてプロポのラダーを倒す。
2016072313.jpg

画面の表示にあわせてプロポのエレベータを倒す。
2016072314.jpg

画面の表示にあわせてプロポのエルロンを倒す。
2016072315.jpg

SWなどの動作を確認する。
2016072316.jpg

次にSW設定の画面なのでHelisを選択
2016072317.jpg

ここで設定するのは2つ
「Heli-Engine」
「Flight-mode」
2016072318.jpg

「Heli-Engine」でボタンを選択
2016072319.jpg

右側に2つ丸いアイコンが表示されるので左側の丸いアイコンをクリック
2016072320.jpg

プロポの認識されているSWを動かす
2016072321.jpg

「Heli-Engine」設定完了
2016072322.jpg

「Flight-mode」でボタンを選択
2016072323.jpg

「Heli-Engine」と同様に右側の丸いアイコンをクリックしてプロポの認識されているSWを動かす
2016072324.jpg

プレイ


飛ばす機体を選択する。[Aircraft]-[load Aircraft]を選択
2016072330.jpg

好きな機体を選んで選択
2016072331.jpg

飛ばす場所を選択する。[Scenery]-[load scenery]を選択
2016072333.jpg

好きな場所を選択。カメラ(視点)を選択できるの場所は「4D」なので注意。
2016072334.jpg

プレイ!
2016072332.jpg

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック