【XK X100】FUTABA 10Jの設定

前回、初フライトに成功したX100だが手持ちのFUTABA 10Jで操縦したくなったので自分用に設定をメモ。

尚、アイドルアップと3Gモードは設定していません。狭い部屋の中でアイドルアップのテストはしたくないので後日追記予定です。

3Gモードでのスロットルの変な動作についてマッキーさんに教えていただきました。ありがとうございます!




設定方法


10Jの「+」キー長押しでメニュー画面に入る。

メモリNo.及びRXの設定を行うので、メニュー画面から「モデルセレクト」を選択
2016072401.jpg

メモリは「10」を使用。モデル名は「X100」と設定した。
※モデルネーム変更はメニュー画面の「モデルネーム」より変更
2016072402.jpg

RXの項目を選択し「T-FHSS Air」→「S-FHSS」へ変更
2016072403.jpg

スワッシュタイプの設定を行うので、メニュー画面から「パラメーター」を選択
2016072404.jpg

筆者の場合はデフォルト設定(下記画面)
2016072405.jpg

サーボのリバース設定を行うので、メニュー画面から「リバース」を選択
2016072406.jpg

スロットル(THR)をNORへ変更
2016072407.jpg

ジャイロ設定をするために、メニュー画面より「ジャイロセンス」を選択
2016072408.jpg

MIXをONにし、UPでAVC100%、DWNでNOR100%に設定。SWは「F」を使用
2016072409.jpg

実際のSWの場所は10Jの「F」のSW。奥側が6Gで手前が3G。
2016072410.jpg

ここでX100とバインドを行う。10Jの電源をONにする。
2016072400.jpg

X100のバッテリーを接続する。
2016072411.jpg

X100の基板にバインド用のSWがあるのでこれを長押しする。LEDが青色が点灯すればバインド完了。
2016072412.jpg

次に10Jに戻り設定の続きを行う。「+」キー長押しでメニュー画面に入る。
スロットルホールドの設定を行うので、メニュー画面より「コンディション」を選択
2016072413.jpg

THR-HOLDを下記画面のように設定。SWは「G」を設定
※注意 「OFF」は設定がなされないように見えますが、
    「SWがOFFの位置で設定が有効」の意味です。
     設定を行わないのは「INH」になります。(INHIBIT(抑制する))
2016072414.jpg

10JのSWの位置は「G」になります。奥側がプロペラ動作で手前がプロペラ停止
2016072415.jpg

スロットルカーブの設定を行うために、メニュー画面より「スロットルカーブ」を選択
2016072416.jpg

お好みで設定。
2016072417.jpg

ピッチカーブの設定を行うために、メニュー画面より「ピッチカーブ」を選択
2016072418.jpg

お好みで設定お好みで設定すると3Gモードが正常に動作しないので、下記のように設定
2016072421.jpg

以上で設定完了。部屋の中でフライトしてみることに6Gでは普通にフライトできた。3Gにすると動作がおかしかったので原因究明中・・・3Gモードもフライトできました。
2016072420.jpg

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/440378259
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック