【ドローンレース】The 2016 Drone Nationals

8/5~8/7に米ニューヨーク市のガバナーズ島で開催されたドローンレース。

公式
http://dronenationals.com/



レース地となったこのガバナーズ島はマンハッタン島南端から約1kmに位置する。いつものごとく何かネタはないかとちょっと調べてみた。

もともとはアメリカ独立戦争において防衛機能を担い軍事目的に使用されてきたが、2003年にニューヨーク州に島の一部を$1で譲渡された。

夏から初秋までの間一般に無料開放されている。島へのアクセスはブルックリンとマンハッタンから無料のフェリーがでており、何かとお金のかかるニューヨークで無料で遊べる場所として人気だとか。

ちなみに自由の女神像があるリバティーアイランドは、このガバナーズ島の西に位置する。さて地理と歴史の話はここらへんにして...

賞金総額$50,000のこのレースには、145名のパイロットが参加した。又、レースを開催するにあたってボランティア・観客等は数百人に達した。観客とコースを分ける防護ネットは高さ約9mに達する。

有名パイロットは、ファンからサインを求められると一緒に渡された(ドローンの)プロペラにサインをしていた。

会場ではドローンシミュレータでフライトを体験することができた。下記動画0:58あたりにノートPCで稼働しているLiftoffらしき画面が確認できる。


レースの模様はESPNのライブストリームで見ることもできた。


動画はYOUTUBEから。









この記事へのコメント


この記事へのトラックバック