【Liftoff】PID設定と開発者向けオプション

過去に本blogが応援している横田氏公開されている値を紹介していますが、LiftoffのPID設定値でサイトへこられる方が多いので、今回とりあげてみた。

情報源としてはLiftoffの公式掲示板にPIDの設定スレッドがある。
https://steamcommunity.com/app/410340/discussions/0/458605613410105625/

このスレッドに書いてある値をかたっぱしから試してみたが、個人的にはいまいち。。結局どっかのネットから拾ってきたPID値を流用してとりあえず下図のような設定となった。←ヲィ(筆者個人の好みの場合

[Rates]
Pitch [360]
Roll [360]
Yaw [180]

[Exponents]
Throttle [30]-[30]
Pitch [1.3]
Roll [1.3]
Yaw [1]

[Rate PIDs]
Pitch [0.6] [0.5] [0.02]
Roll [0.6] [0.7] [0.02]
Yaw [0.3] [0.4] [0.02]

2016081201.jpg

ちなみに筆者の機体の設定は下記だ。
フレーム VORTEX 250 PRO
カメラ  35°
モータ  COBRA 2300KV 280W
プロペラ 5×4.5
バッテリ 4S 1300mAh

さて今回、Liftoffの公式掲示板でPID値とは別に、得たもう一つの情報はなかなか魅力的なものだった。それは何かというと開発者向けオプションの存在だ。

開発者向けオプションで何が追加設定できるのかというとDrag(抗力:機体を減速させる方向に作用する力)の設定が可能だ。ちなみに標準ではこの機能は無効(false)となっている。

設定は以下の「UserData.xml」ファイルを編集することで行える。
C:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\Liftoff\Liftoff_Data\Saves\Player\UserData.xml

このUserData.xmlの一番最後のほうに下記のような値がある。

Default値

<development_ForceDrag>false</development_ForceDrag>
<development_AirDrag>1</development_AirDrag>
<development_UnityDrag>0</development_UnityDrag>
<development_ForceMass>false</development_ForceMass>
<development_ForcedMass>0</development_ForcedMass>
</gameSettings>
</UserData>
</code>

2016081202.jpg

上記の赤い文字を次のように書き換える。(値はあくまで筆者個人の好みによるもの)

変更後

<development_ForceDrag>true</development_ForceDrag>
<development_AirDrag>0.17</development_AirDrag>
<development_UnityDrag>0.35</development_UnityDrag>
<development_ForceMass>true</development_ForceMass>
<development_ForcedMass>0.8</development_ForcedMass>
</gameSettings>
</UserData>
</code>

2016081203.jpg

これで、PID値を調整してもなんとなく飛ばしにくかったのがすんなり飛ばせるようになった。反則と言えば反則なのかもしれないが、Liftoff有料ソフトなので気持ちよく飛ばしたいじゃないですか...

さて、この「UserData.xml」の書き換えはシングルプレイだけその効力を発揮するのかと思いきやマルチプレイでも有効なような気がする。(検証中)

ということでUserData.xmlを書き換えた場合のフライト動画をUP。そんなに機体をバンクさせなくてもいいのだが見ても分かりにくいか...






この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/440987068
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック